ハイヒールの歴史について

女性らしい靴といえばハイヒールがイメージされます。
つま先が尖った感じ細くて高いかかとであれば高級感がありますよね。
オシャレは足元からという言葉があるように女性は靴選びでも楽しそうにしています。
中でもハイヒールは、子供のときから一度は憧れているものではないでしょうか。
ハイヒールを履くと大人の階段を上ったような感じになる女性がいるのではないでしょうか。

ハイヒールとは高いかかとということです。
つま先部分よりかかとの方が持ち上げられていることを指します。
かかとの部分は太さや高さはさまざまなものが存在します。
名称も単にハイヒールというだけでなく、パンプスやブーツなど多くの種類があります。
エレガントな女性らしさを求める上で、かかとが高いほうが「コツコツ」という歩くときの音の響きが素敵ですよね。
もちろん、外反母趾などになりやすく、長時間履き続けると足を痛めやすいという欠点もあります。
しかしながら、ハイヒールはオシャレな女性のイメージはもとより、カッコよさという点でも評価されています。
細い靴を履けるということはスタイリッシュな意味でも女性の憧れを抱かせるものではないでしょうか。
さらに身長が高くなりますよね。
この点でもカッコいい女性というイメージが先行しています。

ではハイヒールはいつごろから履き続けているのでしょうか。
実はその歴史は古く、しかも最初は男性も履いているものでした。
今とは考え方が真逆ですよね。
ハイヒールがどのようにして広まってきたかその歴史をみていきましょう。



〔PICKUP-SITE〕
外反母趾が改善される正しい歩き方を教えている健康情報サイトです ... 外反母趾

Copyright © 2014 ハイヒールの歴史 All Rights Reserved.